ガジェットマスター | スマホ 、アプリ、 ゲーム 、パソコン、カメラ 、家電など 流行のGadgetを紹介

We love all of the gadgets.

パソコン【Windows10】動作が重い。解消には最適化やメモリが原因なら増設が有効。

約 1 分
パソコン【Windows10】動作が重い。解消には最適化やメモリが原因なら増設が有効。

パソコンを使っているときに、動作が重たくなるということがよくありますよね。

電源を入れてから立ち上がるまでが遅い。

アプリの起動に時間がかかる。

毎回このような状況であれば、パソコンを使うことが苦痛になりますよね。

どうにかしたいと悩まれているかたも多いのではないでしょうか?

そんなあなたのためにパソコン【Windows10】の動作が重くなったときの解消法を教えます。



そもそもパソコン【Windows10】のスペックが低いのが原因かも。

computer-heavy1

そもそもパソコンのスペックが低ければパソコンの動作が重くなる原因になります。

パソコンのスペックを確認しましょう。

パソコンのメモリ容量が小さい。

Windows10の動作を保証する最低メモリ容量は、32bit版で1GB、64bit版で2GBと言われています。

そして、ストレスなくスムーズに動かすことができるメモリ容量は、32bit版で2GB以上64bit版は4GB以上です。

しかし、実際にはOSだけでメモリを1GB使ってしまうので、32bit版で2GBのスペックであったとしても使い方次第ですぐにメモリを消費してしまいます。

パソコンを買い直す予定があるであれば、メモリ容量ができるだけ大きいものを選びましょう。

CPUの性能が低い。

CPUは人間でいう脳の役割なので、パソコンの処理速度に大きく影響します。

Windows10を快適に動かすためには、CPUがCore 2 Duo以上がギリギリのラインと言われています。

新しく購入したパソコンがWindows10であれば、おそらくそれ以下のCPUということはまずありません。

しかし、Windows7などからバージョンアップされたPCであれば、パソコンのスペックを確認され方がよろしいかと思います。

パソコンのスペックの確認の仕方は、後述します。

メモリの使用量が多い、またはCPU使用率が高いと重くなる。

computer-heavy2

先述したパソコンのメモリ容量が2GB以上だったとしても、使用しているメモリ量が多ければ多いほど重くなります

また、CPU使用率が100%に近いほど、パソコンの動作が遅くなります

メモリの使用量とCPU使用率を確認する。

computer-heavy3

Windowsマークで右クリックし、タスクマネージャーを選択する。

computer-heavy4

詳細をクリック。

computer-heavy5

パフォーマンスをクリック。

CPUを選択すると、CPUのスペックが確認できます。

画像例では、CPU名は、Intel(R) Core(TM) i5-4460 CPU@ 3.20GHzで、使用率は3%です。

computer-heavy6

次にメモリをクリック。

メモリの容量が確認できます。

画像例では、メモリサイズが32GBで、うち使用しているメモリが4.8GBです。(使用中のメモリはコミット済みで確認する。)

メモリまたはCPU使用量に影響する不要なものを解消して快適なパソコンに。

computer-heavy7

実際にメモリ使用量やCPU使用率を解消する方法を紹介していきます。

パソコンを起動時に立ち上がる不要な常駐ソフトを無効にして減らす。

ウイルス対策ソフトやSkypeなどが常駐プログラムに設定されていると、パソコンの立ち上がりが遅くなり、動作が重くなってしまいます。

とくに、パソコンを新しく購入したときには、多くのソフトが自動で起動するように設定されています。

不要な常駐ソフトを無効にする方法

computer-heavy8

Windowsボタンを右クリック。タスクマネージャーを選択。

computer-heavy9

スタートアップのタブをクリック。

常駐ソフトの一覧が表示されるので、ソフトの「状態」を確認する。

状態が「有効」なものを選び「無効にする」をクリックする。(ウイルスソフトだけは有効のままにしておいてください。起動時にウイルススキャンできなくなります。)

最後にパソコンを再起動します。

CPU使用量の多いアプリケーションを終了させる

computer-heavy10

Windowsボタンを右クリックし、タスクマネージャーを選択する。

「プロセス」のタブをクリックする。

CPUの使用率が高いものがあれば、選択して右クリック、タスクの終了でアプリケーションを終了させる。(画像は操作の説明に作ったもので、正常動作のパソコンです。)

状況が改善しない場合にはメモリの増設が有効

先述した解消法でも状況が変わらなければ、メモリのスペックが見合っていないと思います。

この場合には、メモリを増設することでパソコンの動作が軽くなります。

実際に増設メモリを取り付ける際には、パソコン本体を開ける必要がありますが、機種によって取り外す場所や方法が異なります。

パソコン本体のカバーの取り外し方やメモリの取り付け場所などについては、パソコン添付のマニュアルを確認しましょう。

増設したいけど自分では難しいのであれば、パソコンショップにお願いされたほうがよいかもしれませんね。

金銭的な負担がかかりますが、動作の改善に一番効果があります



ハードディスク(もしくはSSD)の容量が不足もしくは断片化されると動作が重くなる。

computer-heavy11

メモリを仕事場に例えるなら、ハードディスク(もしくはSSD)は倉庫のような役割と思ってください。

この倉庫の物がいっぱいになっていたり(容量不足)、ゴミが散らかっていたり、倒れていて煩雑になっている(データの断片化)状況であれば作業効率が悪くなりますよね。

ですので、ハードディスク(もしくはSSD)の容量を軽くしたり、掃除してあげたり、断片化したファイルを最適化してあげます。

現在使っていないアプリケーションがあればアンインストールする。

computer-heavy12

Windowsボタンを右クリックし、コントロールパネルを選択する。

computer-heavy13

プログラムをクリックする。

computer-heavy14

不要なソフトを選択し、右クリックでアンインストールする。

使用していないファイルを削除するかUSBなどの外部メモリに移す。

文章データの容量はたかが知れているかもしれませんが、写真や動画ファイルがあれば容量負荷になっている可能性があります。

不要なファイルは削除するか、外部メモリに移しましょう。

デフラグで断片化されたデータを最適化する。

ハードディスク内のちらかったデータを整理するのがデフラグ(最適化)の役割です。

computer-heavy15

Windowsボタンを右クリック。コントロールパネルを選択する。

computer-heavy16

カテゴリになっていることを確認して、システムとセキュリティーをクリックする。

computer-heavy17

ドライブのデフラグと最適化をクリックする。

computer-heavy18

最適化したいトライブを選択し、最適化をクリックする。(画像ではSSDとハードディスクを併用している。)

ディスククリーンアップでファイルを完全に削除する

ディスククリーンアップすることで、ハードディスク内にたまった不要なファイルを掃除することができます。

その結果、ハードディスク内の空き領域が増えてパソコンのパフォーマンスが向上することがあります。

computer-heavy19

Windowsボタンを右クリックし、エクスプローラーを選択する。

computer-heavy20

「PC」をクリックし、クリーンアップしたいドライブを選択する。(画像ではCドライブを選択)

管理タブをクリックし、クリーンアップを実行する。

いかがだったでしょうか?

パソコンが重くなる原因は、主にCPUとメモリ、ハードディスクによるものが多いです。

この記事を参考にして快適なパソコンライフを楽しんでくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。