ガジェットマスター | スマホ 、アプリ、 ゲーム 、パソコン、カメラ 、家電など 流行のGadgetを紹介

We love all of the gadgets.

加湿器のおすすめ商品【安い・手入れ簡単】を紹介!ハイブリッド式やスチーム式などの違いも解説。

約 1 分
加湿器のおすすめ商品【安い・手入れ簡単】を紹介!ハイブリッド式やスチーム式などの違いも解説。

11月に入り寒さも一層強くなっています。

寒さと同時に乾燥も進んで加湿器が必要なシーズンになりますが、冬場は加湿器を使っていますか?

そもそも加湿器の効果として

  • 風邪・インフルエンザ予防
  • 肌や喉への乾燥対策
  • 静電気防止
  • ホコリ、ちりなどのハウスダストを飛散防止</li>

などが挙げられ、冬場の健康管理に重要なアイテムとなりました。

最近はペッドボトルをセットしてタンクの代わりに使うタイプ、アロマと併用できるもの、オフィスで使える非常にコンパクトなものなどバリエーションは非常に豊富です。

しかし様々な種類がありすぎて、一体どのタイプを選べばいいのかさっぱり分からない方も多いと思います。

今回は加湿器を選ぶ上でのポイントや、お買い得でメンテナンスの楽な商品を紹介します。



加湿器の加湿方式によってランニングコストや手入れの手間が違う

加湿器に関してまず知っておきたいのが加湿方式の違いです。

ざっくり分けると3種類あり、それぞれメリット・デメリットが非常にはっきりとしていますので、違いを理解して目的に合った加湿器を選びましょう。

気化式(ヒーターレスファン式)

humidifier-recommended2-1

水分を含んだフィルターに風を送ることで、フィルターから水分が蒸発し、部屋を加湿します。

洗濯物を室内で干して扇風機を当てていると、水分が蒸発して湿度が上がりますが、構造としてはほとんど似ています。

1日中付けっぱなしでも送風するだけなので、電気代がかからず非常に経済的。

最近は省エネ性やランニングコストの観点から気化式が増えつつあります。

加熱しないので吹き出し口も熱くならず、小さな子供がいる場合でも安心して使うことができます。

ただし温風でなく送風のため、冬場は高湿度の冷たい蒸気がヒヤッとして気になるかもしれません。

また洗濯物に雑菌が付着していると部屋干しが臭うように、フィルターに雑菌が付いていると雑菌臭がするので注意しましょう。

フィルターのこまめな手入れが必要になりますので、頻繁に交換できるのかよく考えた上で購入を検討して下さい。

超音波式

humidifier-recommended2-2

タンク内にある水を超音波によって振動させ、霧状にして加湿するタイプ。

イメージでいうと霧吹きを自動的に作り出しているイメージでしょうか。

粒子が大きいので、視覚的にモクモクと蒸気が出ている様子を楽しむことができます。

また設計上コンパクトにしやすいので、小型の商品が多くデザイン性が高い特徴を持っています。

超音波で水を細かくするだけなので、電気代が安くすむのも嬉しいポイントの1つです。

デメリットは気化式やハイブリッド式のような雑菌を取り除くフィルターがないため、こまめなお手入れが必要な点です。

定期的なメンテナンスを怠ると雑菌やカビの原因にもなりますので注意しましょう。

スチーム式

humidifier-recommended2-3

加湿器の中で最もよくみかける加湿方式で、タンク内の水を沸騰させることで蒸気が室内を加湿してくれます。

やかんを沸かしているときや料理で煮込んでいるときに、部屋の湿度が上昇する原理と一緒です。

「スチームファン式」というファンが搭載されて、さらに広い範囲に蒸気をとばす商品も存在します。

加湿速度が早く、水が沸騰するので、雑菌が繁殖することもなく衛生的です。

気化式や超音波式のような日頃のお手入れが億劫な方にはとてもおすすめ。

しかしヒーターで水を加熱するので電気代がかってしまい、あまり1日フル稼働には向きません。

本体価格ばかりに目がいきがちですが、月々かかるランニングコストも要チェックです。

最近は温度自体をあまり上げないタイプもありますが、基本的には吹き出し口から熱い蒸気が出ますので使用中は気をつけて下さい。

一人暮らしの方や自宅にあまりいない方には、湿度を上げるのに時間のかからないスチーム式がいいでしょう。

ハイブリッド式

humidifier-recommended2-4

気化式や超音波式だと消費電力は安くすみますが、部屋全体を加湿するまで時間がかかってしまいます。

一方スチーム式は、加湿速度が早いですが、消費電力が高いのがネック…。

そんなそれぞれのデメリットを解消して、間をとったような商品がハイブリッド式です。

気化式+加熱式

水分を含んだフィルターに送風をして蒸発させるのが気化式でしたが、こちらは温風も当てることができます。

温風を当てるので湿ったフィルターの蒸発が早く、気化式の欠点である加湿の遅さを補ってくれるのです。

もちろん温風にすることで気化式より電気代はかかりますが、状況によって送風に切り替えるので料金は抑えられます。

フィルターがあるので気化式同様に、こまめなお手入れが必要な点はお忘れなく。

超音波式+加熱式

超音波式にヒーターの加熱をプラスすることによって雑菌やカビの心配がなくなりました。

内部の水を加熱してから超音波振動で霧状にしますので、加湿スピードも上がります。

スチーム式ほど電気代はかかりませんが、高機能なため本体価格が高くなります(気化式+加熱式も同様)。



部屋の広さに応じた最適な加湿器を選ぼう

humidifier-recommended3

加湿方式が理解できたところで次に確認したいのが、加湿器の対応している部屋の大きさです。

目的の場所に合ったものを選ばないと加湿のしすぎで結露の原因になったり、逆に十分な効果が得られなかったりすることも。

使用する環境を想定して適切なものを選択しましょう。

以下に加湿量と部屋の広さの目安になる表を記載しましたので、参考にして下さい。
humidifier-recommended3-2

加湿能力とは1時間に何リットルの水蒸気を出すのかを「ml/h」で表しています。

例えば上図の個室の目安となる加湿能力300ml/h、タンク容量2.0Lのときは

2000ml÷300ml=6.666…となり、

タンク内を満水にして約6時間半で水がなくなってしまうことが分かります。

ではタンク容量が大きければ大きいほど良いのかというとそうではありません。

タンクが大きくなると(加湿器の対応する部屋の大きさが広くなればなるほど)、その分本体も大きくなります。

水を入れて重量もより重くなることを考慮しないと持ち運びもしにくいですし、大きすぎて蛇口の下に入らないこともあり得ます。

部屋の目安よりも少し大きいものを選ぶと早く加湿はできますが、部屋数、広さ、ライフスタイルで上手く使い分けて利用しましょう。

価格の割に本体やランニングコストの安いおすすめな商品を紹介!

空気清浄機と一緒になっている商品も出て1年通して使える加湿器もありますが、単体の機能であればやはり価格は抑えたいところ。

ただ、あまり安いものを選んで十分な効果が得られず、電気代が非常に高くことがないようにしたいです。

単純に本体価格が安いだけではなく機能とのバランス、電気料金のランニングコストも考慮したトータルパッケージが重要になります。

最後に総合的にみてお買い得かつ手入れが楽な商品をいくつか紹介します。

パナソニック FE-KFP07

humidifier-recommended4-1

  • 加熱方式:気化式
  • 価格:¥20,300~¥25,000
  • 適用床面積:洋室19畳、和室12畳
  • 消費電力(W):強運転時〜11W
  • 容量:約4.2L
  • 加湿能力:700(ml/h)
  • 加湿時間(h):約6.0時間
  • 幅×奥行×高さ:37.5×37.5×18(cm)
  • 重量:約4.7kg

気化式にしては本体価格が高いと思った方もいるかもしれません。

しかし、長く使うことを考えて総合的に判断すると非常にお得な商品です。

「お急ぎモード」にすればファンが高速回転し、素早く室内を加湿することで気化式の弱点を補っています。

ハイブリッド式のような温風ではないので、1日8時間利用したとしても電気代は1ヶ月約100円程度。

またシーンに合わせて設定でき、睡眠時には運転音を抑えた「おやすみモード」や「静かモード」、乾燥が気になる場合には「のど・肌モード」で湿度を高めの環境にしてくれます。

旭化成せんい株式会社と共同開発をした独自のフィルターを採用しており、イオンで除菌も行うため、なんと約10年間交換が不要です(環境によって若干異なる場合もあります)。

フィルターのお手入れも月1回の押し洗いで済みますし、凹凸があまりない設計なのでタンク内やトレーのお掃除が楽々です。

象印(ZOJIRUSHI) EE-RM50

humidifier-recommended4-5

  • 加熱方式:スチーム式
  • 価格:¥11,600~¥14,187
  • 適用床面積:洋室13畳、和室8畳
  • 消費電力(W):湯沸かし時〜985W、加湿時〜410W
  • 容量:3.0L
  • 加湿能力:480(ml/h)
  • 加湿時間(h):強連続〜6時間、弱連続〜24時間
  • 幅×奥行×高さ:24×26×31.5(cm)
  • 重量:約2.4kg

見た目が湯沸かし器のようですが、それもそのはず有名な象印から発売されている商品です。

スチーム式ゆえ月々の電気代は多少かかりますが、性能の割に本体価格は他と比べてお買い得です。

汚れがつきにくいフッ素加工を施し、継ぎ目のない広い口の製品なのでお手入れが楽な設計になっています。

子供が触れてしまっても問題がないように操作ができないようにする「チャイルド」性能も搭載。

「湯沸かし音セーブモード」という沸騰時の音にも気を配った細かな配慮が嬉しいですね。

ダイニチ HD-3015-A

humidifier-recommended4-2

  • 加熱方式:ハイブリッド式
  • 価格:¥9,500~¥14,800
  • 適用床面積:洋室8畳、和室5畳
  • 消費電力(W):98W
  • 容量:2.4L
  • 加湿能力:300(ml/h)
  • 加湿時間(h):約8時間
  • 幅×奥行×高さ:32.2×32.5×16.5(cm)
  • 重量:約3.4kg

少し前のモデルですが、性能は十分で未だに人気がある商品です。

ダイニチといっても聞いたことのないメーカーかもしれませんが、実は加湿器ではナンバーワンのシェアを誇っています。

ダイニチの特徴はなんといっても静音性で、静まりかえった夜や読書、勉強、仕事の最中でも運転音が気になりません。

ハイブリッド式ですが本体価格も安く、気化式に切り替わるecoモードによって電気代も安く抑えることができます。

購入してから3年間の保証が付いていますし、購入後のサポートもしっかりとしています。

ドウシシャ(d-design) KMWQ-301C

humidifier-recommended4-3

  • 加熱方式:超音波式
  • 価格:¥13,000~¥20,000
  • 適用床面積:洋室14畳、和室8畳
  • 消費電力(W):24W
  • 容量:3L
  • 加湿能力:300(ml/h)
  • 加湿時間(h):約10時間
  • 幅×奥行×高さ:30x10x30(cm)
  • 重量:約2.0kg

もともと超音波式はコンパクトでデザイン性もよく、価格、ランニングコストでも非常にメリットがありますが、メンテナンスを怠ることで雑菌やカビを吸い込んでしまうことが懸念されていました。

しかしKMWQ-301Cは、二酸化塩素ガスを使用することで空気中の菌やウイルスを除去してくれます。

超音波式の大きなデメリットが解消されるので、安心して使用することができます。

アルミのヘアライン加工がとてもスタイリッシュで置いているだけでも見栄えするのがいいですね。