ガジェットマスター | スマホ 、アプリ、 ゲーム 、パソコン、カメラ 、家電など 流行のGadgetを紹介

We love all of the gadgets.

MacBook Pro 2017 / 2016の価格やスペックを比較。13インチと15インチそれぞれ徹底解説。

約 1 分
MacBook Pro 2017 / 2016の価格やスペックを比較。13インチと15インチそれぞれ徹底解説。

6月上旬に開催されたWWDC2017では、ほとんどのAppleデバイスがアップデートされました。

MacBook Proもその中の一つで、2017年モデルが発表されました。

MBP2016は不具合が多かったことから購入を見送り、MacBook Pro 2017が発売されるのを待ってた方も多いのではないでしょうか。

昨年(2016年)10月に新型のMacBook Proが発売されてからそれほど時間が経過していないことから、デザインに変更がないことは予想されましたが、実際にMacBook Pro 2017の外観などに変更はありませんでした。

MacBook Pro 2016と比較すると、価格やスペックにやや変更点があります。

今回は、これからMacBook Proを購入しようと検討している方のために、新旧どちらのMacBook Proを購入したほうがお得か?価格やスペックを比較してみました。

是非、購入検討の参考にしてください。



MackBook Pro 2017 / 2016 13インチの価格とスペックを比較

MBP2016から変更がなかったところを以下に挙げます。

  • サイズ
  • 重量
  • ディスプレイの解像度等
  • バッテリー最大使用時間
  • ヘッドフォンジャック

これから、2016モデルと2017年モデルを比較していきますが、TOUCH BARが必要な方とそうでない方がいると思いますので、それぞれ分けて比較していきます。
※TOUCH BARがわからない方は、MackBook Pro 2016の記事を参照してください

13インチ【TOUCH BARなし】モデルを比較

macbookpro2017-price1-2

上記の表は、MackBook Pro 2017とMackBook Pro 2016の13インチ、TOUCH BARなしのモデルを比較したものです。

この13インチ【TOUCH BARなし】モデルでは、新しくストレージ128GBの低価格モデルが追加されたところが大きな変更点です。

128GBモデルが追加されたことにより、MackBook Pro 2016で最安値だった148800円よりも6000円安い142800円から購入できるようになっています。

CPUは、Intelの第6世代Coreプロセッサ「Skylake」から、第7世代Coreプロセッサ「Kaby Lake」へ変更。

CPUのクロック数が2.0GHzから2.3GHzへ、GPUも「Intel Iris Plus Graphics 640」へとグレードアップしています。

価格が安くなったにも関わらず、CPUとGPUの性能が向上したことは驚きです。
※単純に256GBで比較すると価格は逆に上がっています

ただ、ストレージ容量が128GBというのがやや気になるところです。

もし、128GBモデルを購入するのであれば、Drop Boxのようなオンラインストレージを利用することをオススメします。
※Drop Boxは1200円(年契約なら12000円)で1TBのストレージが使用可能

それ以外の方は、基本的に256GBモデルを推奨しますが、まずは現在お持ちのPCのストレージ容量を確認してください。

「ストレージ容量を確認し、実際にどの程度使用しているのか?」といったことを一つの判断基準にするとよいでしょう。

13インチTOUCH BARありモデル

macbookpro2017-price2-2

TOUCH BARがありの13モデルは、多くの人が購入している人気モデルです。

2016年モデルからは、TOUCH BARなしモデルと同じくCPUが「Skylake」から「Kaby Lake」へ変更。

CPUのクロック数は、2.9GHzから3.1GHzへ、GPUが「Intel Iris Plus Graphics 640」へとグレードアップしていています。

それ以外のスペック、デザイン等に変更はありません。

グレードアップによって、256GBモデルで20000円、512GBモデルで22000円と価格が上がっています。

20000円の価格上昇が気になる方は、2016年モデルを販売している店舗もあるので、旧モデルも検討されるとよいでしょう。

私個人「MBP2016 13インチ」を使用していましたが、何かと不具合が起きていましたので、2016年モデルを売って2017年モデルに買い替えました。
二世代とも使用してみての感想ですが、見た目も性能もあまり変わらないので、使用した感覚もほとんど同じだと思ってよいと思います。
私が現在使用している2017年モデルでの不具合は起きていません。


MackBook Pro 2017 / 2016 15インチの価格とスペックを比較

macbookpro2017-price3

15インチモデルも13インチモデルと同じくデザインに変更はありません。

スペックに関しては、13インチと同じくCPUが「Skylake」から「Kaby Lake」へと変更、GPUの性能も向上しています。

256GBモデルで、CPUクロック数が2.6GHzから2.8GHzへ、GPUがIntel HD Graphics 630へ変更。

また、512GBモデルでは、CPUクロック数が2.7GHzから2.9GHzへ、GPUは同じくIntel HD Graphics 630へとアップグレードしています。

GPUに関しては、256GBモデルでと512GBモデルでメモリの容量が異なり、256GBモデルが2GB、512GBモデルが4GBです。
※GPUメモリ :グラフィックに特化したメモリ。メモリとしての考え方はCPUメモリと同じで、基本的に容量が多ければ映像の処理速度が早くなる

2016年モデルと2017年モデルの価格差は、256GBで20000円、512GBで24000円と、13インチモデルで比較した価格差とほとんど変わりません。

15インチモデルに関しては、実際に使用したわけではありませんが、基本的には13インチと同じくそれほど体感として性能の差は感じられないと思われます。

ですから、特にこだわりがないのであれば、2016年モデルを購入してもよいと思います。

256GBと512GBのどちらにすべきは、13インチモデル(TOUCH BARあり)のように単純にストレージ容量で比較できないので難しいところです。

GPUメモリの容量が2GBと4GBでどれだけの体感の差があるのかはわかりませんが、頻繁にゲームする人や仕事で動画編集をする機会が多い人でなければGPU2GB(ストレージ256GBモデル)で問題ないと思います。