ガジェットマスター | スマホ 、アプリ、 ゲーム 、パソコン、カメラ 、家電など 流行のGadgetを紹介

We love all of the gadgets.

ポケモンサンムーンで色違いの出し方。連鎖や国際孵化で確率を上げよう。

約 1 分
ポケモンサンムーンで色違いの出し方。連鎖や国際孵化で確率を上げよう。

ポケモンの新作が発売されると、ファンが注目する一つに「色違いポケモン」がありますよね。

ポケモンを継続して遊んでらっしゃる方ならわかると思いますが、この色違いポケモンなかなか出現しないですよね。

狙ってもなかなか出ないのが悔しいです。

そこで、今作サンムーンの中で、少しでも確率を上げて効率がいい出し方を紹介します。



色違いポケモンとは?

sunmoon-differentcolors1

今作サンムーンからポケモンを始めるかたもいらっしゃると思いますので、初めに色違いポケモンについて少し解説します。

色違いポケモンとは、その名のとおりで公式のポケモン色とは違う色をしたポケモンのことです。

登場のタイミングやステータス画面で光ることから「光るポケモン(公式名)」とも呼ばれます。

この色違いポケモンですが、実は「金/銀」から導入されていることは知っていましたか?

懐かしい話になってしまいますが、シナリオを進めていく中で「赤いギャラドス」が登場したことが衝撃で今でも覚えています。

この色違いポケモンは、ポケモンに希少価値をもたらすために開発側が仕掛けた戦略です。

ですから、出現確率が極端に低くなっています。

具体的にどのくらいかいうと、ポケモンXYより前の作品では1/8192、XY以降は1/4096となります。

これを聞いて絶望してしまいそうですが、色違いポケモンの出し方がありますのでご安心ください。

野生ポケモンの「助けを呼ぶ」を連鎖させて確率を上げる

sunmoon-differentcolors2

サンムーンから始まった新要素で、野生のポケモンが戦闘中に助けを呼ぶ(仲間を呼ぶ)ことがあります。

この一見不利になるような要素を上手く活用して色違いポケモンを狙っていきます。

実際のやり方ですが、戦闘中に仲間を呼んだら片方を倒す、仲間を呼んだら片方を倒す、これを何度も繰り返して連鎖させるだけです。

この連鎖の凄いところは、色違いポケモンの出現率が上昇するだけでなく、31連鎖以上させた場合には4V以上のポケモンが確定することです。

性格は選べないので運次第ということになりますが、それでも戦闘で十分活躍できるでしょう。

戦闘中に「助けを呼ぶ」確率を上げる方法

普通に戦闘しても「助けを呼ぶ」を狙った連鎖を繰り返すことは難しいです。

ですが、この確率を上げる方法があります。

みねうちでHPを1にする

野生のポケモンを瀕死の状況に追い込むと助けを呼ぶ確率が上がります

ただ、普通に戦っていては倒してしまって連鎖が途絶えてしまいますよね。

そこで、「みねうち」の技で野生ポケモンのHPを1にします。

「みねうち」は、アブソルやニューラを捕まえるか、わざマシンで覚えさせます。

ビビりだまを使用する

サンムーンで導入されたアイテムの「ビビりだま」を使うことで、野生ポケモンが助けを呼びやすくなります。

助けを呼んだ後の「乱入バトルの確率」を上げる方法

野生のポケモンが助けを呼んでも実際に助けが来るかどうかは確率で決まります。

その乱入バトルの確率が上がる条件は以下の3つになります。

  • 「いかく」「プレッシャー」「きんちょうかん」のいずれかの特性を持つポケモンを使う。
  • 「助けを呼ぶ」が失敗する。
  • 「助けを呼ぶ」ポケモンに「こうかはばつぐんだ!」のダメージを与える。

先ほど紹介したアブソルニューラは「みねうち」の技と「プレッシャー」の特性をもつのでおススメです。



国際孵化で色違いポケモンが生まれる確率を上げる。

sunmoon-differentcolors3

国際孵化」は、ご存じの方も多いと思いますが、ポケモンが初めての方もいらっしゃると思いますので紹介します。

国際孵化はダイヤモンドパール/プラチナから追加導入されたコンテンツです。

国内産と海外産のタマゴを使って孵化させることで、色違いポケモンが生まれる確率が上昇します。

作品ごとに色違いポケモンが生まれる確率が上がってきていて、サンムーンでは約1/683となっています。

国際孵化では性格も遺伝させることができるので、色違いポケモンが出現した場合のメリットが大きいのでオススメです。

オススメしたい海外産のポケモンはメタモン♀です。

メタモンはほとんどのポケモンのたまごを産むことができるので、欲しい色違いポケモンが狙いやすいです。

海外産のポケモンを入手する方法

海外産のポケモンを入手するには4つの方法があります。

初回起動時言語設定を利用する

サンムーンでは、初回の言語設定のときに9言語から選べます。

日本ROM版でも、言語設定を変えるだけで海外産のポケモンとして認識されます。

これを利用して、例えば「自分は英語で始めて、日本語の友達からメタモン♀をもらう」といったことができます。

サブロムを持っている方ならこの方法がおすすめです。

海外ROM版を持っている友達からもらう

外国の友人がいれば話がはやいですが、現実的に難しそうです。

もし周りにいれば譲ってもらいましょう。

GTSで交換する

GTSを利用すれば世界中の知らないトレーナーとオンライン上でポケモンの交換ができます。

しかし、相手の要求が高い傾向にあるので、なかなか目当てのポケモンと交換することが難しいこともあります。

GTSを利用する時には、マナーとしてお互いにメリットがある交換を心がけましょうね。

これが国際孵化をやる現実的な方法ですので、地道にトレードできる相手を探していきましょう。

ミラクル交換で奇跡を起こす。

ミラクル交換では、世界中の誰かと完全にランダムでポケモンが交換できます。

可能性は低いですが、時間帯によっては当たりを引くこともあるようです。

また、厳選するときの孵化の余ったポケモンをミラクル交換に出す心優しいトレーナーもいるので、奇跡を狙ってみるのも面白いかもしれませんね。

アイテム「ひかるおまもり」を入手して色違いポケモンの確率を上げる

sunmoon-differentcolors4

ひかるおまもり」についてもご存じの方も多いと思いますが、ポケモンが初めての方もいらっしゃると思いますので紹介します。

「ひかるおもまり」は、ポケモンブラックホワイトから導入されたアイテムで、持っているだけで色違いポケモンの出現確率が上がります

気になるサンムーンでの出現確率は、通常の3倍となる約1/1365です。

「ひかるおまもり」を入手するにはアローラ図鑑を完成が必要です。

国際孵化と併用した場合には、通常の8倍の1/512まで確率を上げることができます。